ナムコミュニケーション

BLOG
ブログ

2021.05.18

Facebook広告のiOS14アップデートによる対応 – ドメイン認証

TAG: Facebook

Apple社のiOS14のプライバシーポリシーの変更について聞いたことありますか。
主な変更点としては、IDFAの使用に制限がかかり、オプトアウト式からオプトイン方式へと変更になることです。
※IDFA(iOS端末の広告識別子):Identifier for Advertisers
簡単に言うとユーザーが明示的に同意しない限り、IFDAを取得しての個人識別ができなくなるわけです。つまり、同意が必要となります。

【目次】
1. ドメイン認証にあたり確認事項
2. ドメイン認証設定方法
3. ドメイン認証ができない場合
4. 他ビジネスマネージャーへ共有
5. まとめ

参考リンク:ユーザーのプライバシーとデータの使用

ユーザーの同意が得られない場合、当然ながらデータ収集および正確な計測ができなくなり、広告上でのターゲティングの精度が低下されるのが予想されます。
結局iOS14のアップデートにより、IDFAの使用が制限され、iOSでユーザーターゲティングおよび効果測定が難しくなるため、
Facebook社はこれに強い反対を表明し、2020年12月16日付のNew York Times、Wall Street Journal、Washington Postに
一面新聞広告も出すくらいです。内容はトラッキング防止機能に反対するものです。


<Source:Bloomberg>

※参考リンク
iOS 14の主要なコンセプトがFacebookビジネスツールに及ぼす影響
影響を受ける中小ビジネスのために
Small businesses deserve to be heard.

ただ、反対主張をしつつも、Facebook社はiOS14アップデートによる対策を発表しています。
Facebook広告を運用している場合、必要なアクションは現時点では大きく下記2つになると思います。(ウェブ案件の場合)
①ドメイン認証設定
②合算イベント測定および、イベントの優先度設定

1. ドメイン認証にあたり確認事項

今回は対策の一つである「ドメイン認証(ウェブ案件)」についてご紹介いたします。

<ドメイン認証の作業にあたり>
・管理者権限での作業が必要
ドメイン認証を行うための、権限レベルは「管理者権限」が必要です。
「社員」レベルでは、認証ができませんので、適切な権限レベルを確認した上でおこなってください。

・1つのドメインで認証可能なビジネスマネージャーは1つのみ
→他のビジネスマネージャーですでに認証している場合は、「パートナー割り当て」が必要です。
※記事後半にご紹介します。

2. ドメイン認証設定方法

それでは、詳しい設定方法について、下記ご紹介します。

▼所有しているビジネスマネージャーへアクセスしてください。

▼左タブにある「ビジネス設定」か「⚙」をクリックしてください。

▼左タブの「ブランドセーフティ」をクリックすると、下位項目が展開されますので、「ドメイン」をクリックしてください。
次に「追加」をクリックしてください。

▼認証する「ドメイン名」を入力してください。
※入力時には、http:///https:///www.を含めず入力してください。(例:example.com)

▼次に、ドメイン認証方法およびステータスが確認できるようになります。
また、ドメイン認証には3つの方法がありますので、下記ご確認ください。

<DNS認証>

1)ドメインレジストラーにログインして、DNSレコードセクションにアクセス
2)発行されたTXTレコードをDNS設定に追加
3)ホストフィールドに@を追加(ドメインホストで必要な場合)
4)DNS設定の変更がウェブサイトのドメインサーバー全体に適用されるまでお待ちください(最大72時間)。その後、「認証」をクリックしてください。

<HTMLファイルアップロード>

1)「HTMLverificationfile」をダウンロード
2)「認証するドメイン」のルートディレクトリーにこのファイルをアップロード
3)「発行されたHTMLファイル」にアクセスして、アップロードされていることを確認し、「認証」をクリックしてください。

<Meta-tag Verification(メタタグ設置)>

1)発行されたメタタグを、ドメインホームページのHTMLの<head>セクションに追加
2)「認証するドメイン」にアクセスしてHTMLソースを表示し、メタタグが表示されていることを確認
3)アップロードされていることを確認し、「認証」をクリックしてください。

上記、3つの方法でどちらかを完了し、「認証」をクリックすると、これでドメイン認証となります。

3. ドメイン認証ができない場合

上記、「2. ドメイン認証にあたり確認事項」の「管理者権限」および「1つのドメインで1つのビジネスマネージャー」に問題ないけど、
認証できない場合、下記のようなエラーメッセージが表示されるかと思いますので下記ご参考ください。

※参考リンク:ドメイン認証のデバッグ

4. 他ビジネスマネージャーへ共有

▼1つのドメイン認証は1つのビジネスマネージャーのみ
すでに認証されている場合、他ビジネスマネージャーより「パートナー割り当て」機能でドメイン認証が共有されます。
※事前に他ビジネスマネージャーID情報を控えておきましょう。

「ブランドセーフティ」→「ドメイン」→他ビジネスマネージャーに共有するドメインを選択し、「パートナー割り当て」をクリック

事前に取得したビジネスマネージャーIDを入力し「次へ」をクリック

これで完了となり、ドメイン認証情報を共有できます。

5. まとめ

いかがでしたか。
ドメイン認証は、認証したWebサイト所有権について確認のみならず、合算イベント測定設定する上で必須項目となります。
ぜひ早めに実施し、データ欠損の影響を最小限に抑えておきましょう。
また、実施にあたり、うまく認証できないなどありましたら、お気軽にご相談ください。

Seonu Gwak / 郭 善雨(カク ソンウ)
gwak.seonu@namujapan.com
TEL : 03-5954-7229, (Korea) +82-70-8230-3605

OTHER